Soi48 Vol.39 Tapes + 7fo Special

20200216(Sun) 18:00-24:00 ¥2,000
※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST LIVE
TAPES + 7FO

■SPECIAL GUEST DJ
TAPES (JAHTARI/REZZETT)
江村幸紀(EM RECORDS)

■OMK DJ CREW
Soi48
AOKI LUCAS
RICH & BUSY
MOMI(MMP)
sypht(HARVEST.tokyo)

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI

2020年最初のSoi48パーティーはREZZETTの一員でありカセットテープとリズムボックス、カシオトーンを武器に新感覚のデジタルダンスホール、ベース・ミュージックを制作するロンドンの若き才能TAPESと、BOKEH VERSIONS、RVNGからのリリースで話題の日本人トラックメイカー7FOによる豪華ライブ・セッション!ベルギーMEAKUSMA FESTIVALでの2人のライブはアンビエント~ニューエイジなシンセ・エレクトロニクスを天然のエスニックさでダブ~レゲエっぽく処理した最高の内容でRESIDENT ADVISORでもベスト・アクトとの評判に。さらに今回は俚謡山脈のDJスタイルに共感し、ジャンル問わず何がプレイされるか全くの謎でありながら、とにかく盛り上げまくると噂のTAPES単独のスペシャルDJ付き。

新年にぴったりのおめでたい俚謡山脈、中毒性高いタイ産最先端ダンスミュージック、”サイヨー”に目覚めたSoi48、OMK志願兵DJ達がパーティーを盛り上げます。Soi48パーティーでしか体験できないスペシャルな一夜。寒い冬にみんなで盛り上がりましょう~。

■Tapes
サウス・ロンドン出身の天才イカレ野郎。デジタル・ダンスホールの雄、Jahtariから衝撃のデビューを飾り、カセットテープを演奏・録音ツールに使って音を劣化させ、かつズレまくった演奏手法をもって、画一化していたダンスホール/レゲエ・シーンに風穴を開けたのは記憶に新しい。彼はエレクトロニック・ミュージック全般を視野に入れたバランス感覚に優れ、2015年以後はRezzettのメンバーとして活躍しているのは衆知のところ。その一方で、Tapesとしての活動を模索し続け、紆余曲折を経て7FOとのライブ・アルバム『電氣爆発』(2019)を、そして今回、満を持してフレッシュなソロ・シングル「Summer Jam」を発表する。Tapesの初期の主要クラシック・チューンは1stフル・アルバム『No Broken Hearts on This Factory Floor』で聞ける。新プロジェクト、The Mail Coifも大注目!

■7FO
2010年から活動する電子音楽家。数枚の自主リリース、アート展示での環境/効果音等の制作を経て、2016年にニューヨークのRVNG Intl.傘下レーベルからカセットを発表。その後、Bokeh Versionsなど海外レーベルの依頼で作品を発表し、海外アーティスト達から共演依頼が後を絶たない珍しい存在。2018年にエム・レコードからアルバム『竜のぬけがら』をリリース、2019年はミアクスマ・フェスティバルに出演してTapesと共演。スタジオ・アーティストと思われがちな存在だが、ライブの良さにも定評がある。

■Soi48 (OMK/ADM1317)
旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英「The Wire」にも紹介された。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。
http://soi48.blogspot.com/

■俚謡山脈(Riyo Mountains)
世界各国の音楽がプレイされるDJ パーティ「Soi48」内で活動する日本民謡を愛する2人組DJユニット。日本各地の民謡を収集/リサーチし、DJプレイしたりCDやレコードの再発を手掛けている。主なリリースにMIXシリーズ「俚謡山脈 MIX VOL.1」~「VOL.4」、「田中重雄宮司/弓神楽」(監修/エムレコード)、「境石投げ踊り」(監修/エムレコード)など。ロンドンのインターネットラジオNTS LIVEに日本民謡だけで構成されたMIXを提供。農民ダイナマイト(山梨県)、大和町八幡神社大盆踊り会(東京)など各地のパーティーにDJで参加。

■Tapes
Originally Hailing from South London, Tapes made his debut release on esteemed 8-bit digital reggae label Jahtari in 2009 with his “Hissing Theatricals” EP. Soon after, a spate of releases and appearances continued on labels such as Honest Jon’s, Sextags, Astro dynamics and Meeuw Musak until finally releasing the first full album “No Broken Hearts on This Factory Floor” in 2015 on the Osaka based label EM Records.

More recently the multidisciplinary ferric fanatic has been working behind the scenes as a producer, lending his talents to the likes of reissue label: Music from Memory (Caliban “Digital Reggae”) and the Estonian label Porridge Bullet with who’m he worked with on the Super Star and Star releases.

In 2018 Tapes continued to branch away into new realms of sonic exploration, soundtracking the short film “The Clothes Themselves” inspired by the concepts of roboticist turned philosopher Riccardo Manzotti and releasing “Silence Please”: a 4 part composition for Tanpura box, Tabla machine and flute synthesiser on “Good Morning Tapes”. His most recent release is a collaborative excursion with Osaka based musician 7F0: “Live – 電氣爆発 (Electronic Aura Explosion)” is a showcase for the pairs coming live shows and includes performed tapes riddims soothingly guided by 7F0’s lushful guitar playing.

Mixing up dub methods, library music, traditional electronic Indian instruments and all sounds hissing on psychedelics, Tapes has performed a variety live shows and DJ sets shows across the world. 2020 will see Tapes return to the stage alongside both new friends and old, continuing to explore his fascination with with arcane recording aesthetics and vintage digital alike!

■Soi48 (OMK/ADM1317)
DJ unit and Thai music research team comprising Tokyo natives Kei’ichi Utsuki and Shinsuke Takagi. They are the authors of the 2017 reference book “Trip to Isan: Traveling Thai/Isan Music Disc Guide”, and the organizers of and resident DJs at the long-running “Soi48 Party” at Be-Wave, Tokyo. They are also members of a mysterious group called OMK (One Mekong). Soi48 values music, old and new, over format, using vinyl, cassette, CD, VCD and USB to bring a wide range of Asian music, from modern to traditional, to audiences at their DJ events. They are the directors of the EM Records Thai music series, which currently consists of more than ten releases. They also served as the music directors for the critically acclaimed 2016 Kuzok film Bangkok Nites. They are active both in Japan and internationally, appearing at Fuji Rock Festival, writing for magazines and books, and appearing on a number of radio and TV programs.